畑仕事を経てパワーアップを遂げたS・Kの華麗な投球

 木造のプレハブ小屋の周辺には木片やバカになった釘やネジなどが其処ら中に散乱している。工事の跡だろうか。妙に生々しかった。
 S・Kが自転車置き場のすぐ奥にある物置小屋からグローブと野球ボールを見つけ出してきた。こんな短時間でよく目聡く見つけられるものだ。
「あそこ、宝の山っすよ」
「コレ、私にはどうかな」
 グローブはいざ嵌めてみるとサイズが小さく、土手から手の平がはみ出してしまっていた。私は窮屈なミットで、一体どこにそんな余力が残っていたのか疑わしいほど、これでもかこれでもかと次々に投げつけて来るS・Kの剛速球を受け続けた。マメの潰れた箇所は既に感覚がない。体感では時速九十キロ近い火の玉を受けているうちに、私の左手は赤く腫れ上がっていく。それにしてもS・Kはなかなか筋が良さそうな投球フォームをしている。
 部屋の玄関戸からT・Mが顔を覗かせている。
「もう入って大丈夫だぞ」
 T・Mの呼びかけなどどこ吹く風とばかりに健二は一向に私に向かって投球し続け、キャッチボールを止めようとはしてくれなかった。アイフル 女性専用

自然不足の秋によい風景はシミュレーションの9月

季節の目安秋のお彼岸はピンポイント、夏らしい気温はこの時期を境目として治まり、晩秋に向かう寒さも感じる季節の筈。
お彼岸明けて月曜日、火曜日と進むと気温は徐々に上がり衣類は夏物、涼しかったので衣替えの時期と考えていたのに。

秋雨前線の連日ではニットでもよいという空気だったのが、晴れの一日から回復して順不同な気温状態です。
最近の空模様や気温はスタンダードや規則正しい気象に則していない、毎年眺めるコスモス公園行きは雨天状況で随分遅くなっています。

秋の風物詩だからネット画像あり、これを眺めるのも雨模様の和みになりますが、出かけて眺める状態がいちばん、物足りなさを感じている秋シーズン。
さっぱりとした爽やか空気で深呼吸しながらリラックスと日常の浄化、晴れてよいお天気だからこそ季節の風景が映えてきれいです。

日本の原風景というような昔ながらの地域も旅してみたい、ネット画像の白川郷は春の桜や夏の田園風景もよいけれど秋もいい、寒いけれど雪景色は墨絵のような絶景。
自然そのままという地域に行くと、心身両面のリラックスとリセットができる、近代化の時代ゆえに自然回帰、原点を辿れるのは尤も人間らしいから効きますね。

こういった日常で穏やかな日々と思考すれば数年後の定年時期と思う、その頃までには近年の変則お天気も落着くといいな。エピレ 500円