畑仕事を経てパワーアップを遂げたS・Kの華麗な投球

 木造のプレハブ小屋の周辺には木片やバカになった釘やネジなどが其処ら中に散乱している。工事の跡だろうか。妙に生々しかった。
 S・Kが自転車置き場のすぐ奥にある物置小屋からグローブと野球ボールを見つけ出してきた。こんな短時間でよく目聡く見つけられるものだ。
「あそこ、宝の山っすよ」
「コレ、私にはどうかな」
 グローブはいざ嵌めてみるとサイズが小さく、土手から手の平がはみ出してしまっていた。私は窮屈なミットで、一体どこにそんな余力が残っていたのか疑わしいほど、これでもかこれでもかと次々に投げつけて来るS・Kの剛速球を受け続けた。マメの潰れた箇所は既に感覚がない。体感では時速九十キロ近い火の玉を受けているうちに、私の左手は赤く腫れ上がっていく。それにしてもS・Kはなかなか筋が良さそうな投球フォームをしている。
 部屋の玄関戸からT・Mが顔を覗かせている。
「もう入って大丈夫だぞ」
 T・Mの呼びかけなどどこ吹く風とばかりに健二は一向に私に向かって投球し続け、キャッチボールを止めようとはしてくれなかった。アイフル 女性専用