ハーフのプレーヤーが著しく際立つ今陽気の陸上和風選手権

リオ五輪の社長の座をかけて熱戦が繰り広げられてある陸上の津々浦々選手権。この大会で甚だしく目につくのがハーフ選手の奮闘だ。どの競技でも決勝にはカタカナで表記されるハーフの選手の呼び名があるような気がするほど目立っています。一昔前には考えられなかった結果、ハーフの陸上選手と言えば女100m支障の金沢イボンヌ選手くらいしか呼び名が浮かばなかったのですが、今フェスティバルには100mで優勝したケンブリッジ飛鳥選手や400mで優勝したウォルシュ・ジュリアン選手、やり投げのディーン精神選手などかなりの総和の選手が活躍しています。損傷の結果欠場していますが、短距離界のホープですサニブラウン選手もいます。競馬ではありませんがやはり家柄がものを言う実情なのでしょうか。とくに世界の階級から水を空けられがちな短距離系の箇条ではこういった選手たちが出てきて甚だ活躍して、陸上界全体を盛り上げてもらえることによって全体的なレベルが上がっていけば嬉しいなぁと思います。